飲料水の新しい提供の方法

飲料水を身銭を切って買うということ

これだけ充実した日本の治水状況ですが、それに逆行するような新しい流行が出てきております。
飲料水を買って飲むという行動です。
ミネラルウォーターや天然水のボトルの販売でその消費は爆発的に増え、いまや水を買って飲むことは常識になりつつあります。
これには昨今の健康ブームの影響が大きいといえると思います。
日本の水道は安全のために消毒がされており、それに塩素が使われています。
やむをえないことなのですが、それを嫌ってもっと健康に良い水を購入してでも飲もうというのが健康マニアの理屈です。
実際、販売店でもミネラルウォーターや天然水のスペースは大きく、売れ行きも非常に良いそうです。
また水道の蛇口に浄水器を取り付けて飲んでいる人も急増しているようです。

天然水、ミネラルウォーターの流行

この最近の天然水、ミネラルウォーターの消費はぐんぐん伸びており、清涼飲料水をしのぐ勢いだといわれております。
お店には数多くの種類の天然水やミネラルウォーターが並んでいます。
その理由はまず天然水には各地の川の源流にある湧き水を材料に使い、それを飲料用に加工し出荷されているものです。
売りはその水の味の良さと健康性にあるようです。
そしてミネラルウォーターも同様に世界の山脈からの湧き水を使用し、それを加工し出荷されています。
このように人々に訴える部分はまず健康に良いということ、そして安全な自然水であることを売りにしている点が目立ちますね。
健康マニアから波及したこのブームは衰えそうに無いこと、ずいぶんわが国日本の水事情も変わったものだと思います。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c