ウォーターサーバーという新しい飲料水の提供方法

ウォーターサーバーの登場によって変わる

そしてついに有料の飲料水は自宅やオフィスにまでミネラルウォーターとして入ってこようとしています。
ウォーターサーバーの登場です。
ウォーターサーバーとはいったいどういうものかというと家庭やオフィスにサーバーという大きなタンクをレンタルで設置し、ミネラルウォーターを定期的に配達してもらい、飲料水としてそれを使用するというものです。
まずデメリットはサーバーが場所をとること、月に経費がかかることです。
有料で水を買っているわけですから出費は避けられないですね。
メリットは上質な飲料水をサポートしてもらって安心して飲めることですね。
健康にシビアな人には大きなメリットとなるでしょう。
これからの新しい飲料水提供の形ということで特にオフィスでは導入率が高いようですね。

ビジネス用と一般家庭用の違い

さてこのウォーターサーバーですが、業務用オフィス向けと家庭用では結構違いがあるようです。
オフィス用は大型で大容量の水を備蓄できるタイプが多いようで、定期的にサポートしもらって水を届けてもらうといったタイプが主流のようです。
対して家庭用はサポートしてもらうタイプはやはり小型なものが人気のようで、なるべく低コストなものが人気のようです。
また家庭用には工事が必要なものもあるようですが、水道水直結型というのも人気のようです。
これは水道水をサーバー内でろ過してミネラルウォーターとして提供するというもので、浄水器の発展型といえるでしょう。
このようにオフィス用は最終的なコスパと容量の大きさ、家庭用はなんと言っても低コスト、そして小型な物が人気のようですね。
皆さんもニーズにそった選択をしてウォーターサーバーを導入しましょう。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c